• ARBOR

強度近視の眼鏡選び - 店長編 -

最終更新: 1月6日

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。



最近お問い合わせを頂くことの多い、

強度近視(度が強い・近視が強い)人の眼鏡選び。


度が強いと、どうしても、目が小さく見えてしまいます。

でも、なるべく普段の・素顔の印象に近づけたい!


そのためのコツ、まずは以前の記事をご覧下さい↓


「強度近視(度が強い・近視が強い)人の眼鏡フレーム選び」



自身も強度近視である店長。

産休にあたり、今後眼鏡を使う機会が増えると思い、眼鏡を新調しました!


一例として、ぜひご参考頂ければと思います。




思っているよりちょっと派手なフレーム

思っているよりちょっと小さいサイズ

一番薄く歪みの少ないレンズ

そしてフィッティングを完璧に行うと、

見た目はこんな感じ!


意外と「度の強い眼鏡」には見えないですよね。

そして、実際には「目」自体は小さく見えているのですが、フレームでクッキリと縁取ることで、「目元」全体の印象が強くなっています。

輪郭の凹みも写り込んでいません。




ちなみに、

フレームがもう少し地味で、

サイズがもう少しだけ大きくて、

レンズがもう少し分厚くなると、

見た目はこんな感じ。


先ほどと比べると、目の小ささや輪郭の凹みが目立っています。

フレームが目立たないので、顔全体は少しぼんやり寂しい印象になります。

(ただ、フィット感も良く、楽な眼鏡なので、家用眼鏡としては大変重宝しています!)





実際には、至近距離・ドアップで他人の顔をじっと見る機会はあまりありませんよね。

この写真も、ちょっと離れて見て頂くと、より差がわかりやすいと思います。




ちなみに、レンズの厚みは、このくらいの差があります。

眼鏡全体の重量はさほど差を感じません。

ただ、斜めから見た時のウズ(白い線のようなもの)の出方には差が出ます。

周囲の方からは正面ではなく斜めや横顔が見られていることも多いです。

その時の印象に、大きな差が出ますよ。



いかがでしたか?



もちろん、お一人お一人、お顔の形や目の位置、度数、髪・肌・メイクの色合い、お好み、どんなイメージに見せたいかによって、おすすめのフレームは様々です。


ARBORでは、店長不在の間も、スタッフ一同、皆様に最適の眼鏡をご提案させて頂きます!

ぜひご相談くださいませ。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


その他、ご予算やご予約、当日の持ち物などにつきまして、ぜひ下記リンクもご覧くださいませ。

強度近視で眼鏡をお探しの方へ


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

#強度近視 #眼鏡選び #眼鏡選びのコツ #眼鏡が似合わない人の眼鏡選び #掛けてみました

5,709回の閲覧

大阪市北区天神橋3-10-4-1F

©ARBOR OPTICAL SHOP all rights reserved.

  • phone
  • mail
  • Instagram ARBOR
  • Facebook ARBOR
  • Twitter ARBOR