こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 

当店では、強度近視の方からのご相談を数多く承っています。

度数の強い方ほど眼鏡が必要なはずなのに、仕上がりに満足できず、結局眼鏡を掛けられない。

ARBORの店長でもある私自身も強度近視で、長い間ジレンマを抱えていました。

だからこそ、お力になれる点が多くあると考えております。

 

そこで今回は、改めて、フレームの違いによる眼鏡の出来栄えの違いを、写真付きでご紹介していきたいと思います。

 

まず初めに。

強度近視の方に、私たちが基本的にご提案しているのが、

 

「自分で思うよりちょっと小さめで、ちょっと派手なデザインの眼鏡は、ガッカリ度合いが少なくなります!」

 

ということ。

 

この2枚の写真を比べてみてください!

 
 

実は、どちらも同じ屈折率(1.74)、同じ度数(S-9.50D)のレンズが入っています。

近視を矯正するレンズはものを小さく映す=目が小さく見えること自体は変えられません。

しかし、なぜか、写真右の方が、顔全体がはっきり、目元もくっきりと見えませんか?

 

写真左は、レンズが大きく、フチが細くてなじむ(薄い)色のフレーム。

輪郭の映り込みが大きいです。

写真には写っていませんが、側方から見るとレンズもかなり分厚く、白い渦もすごいです。

広い肌色の中に小さな黒い点がある感じになってしまって、目がより小さく見えてしまいます。

また、フチが地味なので、却って、レンズの厚みや目の小ささなど、人に見られたくない部分が目立ってしまいます。

 

写真右は、レンズが小さく、フチが太くてくっきりした色のフレーム。

輪郭の映り込みはかなり小さくなります。

目をぐるりと囲うくっきりと太いフチは、アイラインのように目をしっかり強調してくれています。

 

もう一度言います。

 

「自分で思うよりちょっと小さめで、ちょっと派手なデザインの眼鏡は、ガッカリ度合いが少なくなります!」

 

ご理解いただけましたでしょうか?

 

では、この大前提を踏まえつつ、私自身が普段使っている度付き眼鏡を、度なし・度付きの写真で比較しながら、ご紹介していきたいと思います!

 
 

(左:度なし、右:度付き)

Theo Vulcano 085 ¥55,660-

レンズ小さめ・フレームかなり細め・少し個性あり

 

半月形のユニークな形と軽やかな掛け心地が気に入っています。

ただ、白って意外と肌色に溶け込んでしまうので、いざ度付きになると、ちょっと顔が少し寂しい気もします。

デザイン性が高いので、おうち時間では少し浮く感じもしていて、逆に、お洋服やメイクでしっかりとコーディネートしながら、おしゃれに使いたい眼鏡です。

 
 

(左:度なし、右:度付き)

VioRou Hoseok 000/SE ¥38,500-

レンズ小さめ・フレーム細め・少し個性あり

 

細いけれど、濃い色で形の主張もあり、意外と目の小ささが気にならないなと感じます。

度付きになると目元の印象が薄くなる分、眼鏡の形の主張も少し和らいで、むしろ掛けやすくなりました。

先ほどのフレームもそうですが、フレームの色がベーシックなので、様々なカラーのアイメイクやアクセサリーを楽しめるのも良いところです。

 
 

(左:度なし、右:度付き)

Lunor A5-226-18 ¥40,700-

レンズやや小さめ・フチやや太め・ベーシック

 

度なしだと、もうワンサイズ大きめでも良いかな?という感じがしますが、度付きになると、意外とぴったりサイズ=きちんと感が出せて、良い感じです!

ベーシックなデザインなので、目元は少し寂しい感じがしますが、フォーマルなお洋服はもちろん、自然な印象にしたい時、リラックスして過ごす時間にも、重宝しています。

 
 

(左:度なし、右:度付き)

Anne et Valentin ORION 9C11 ¥55,000-

レンズ小さめ・フチ太め・個性あり

 

度なしだと、目がぎゅうぎゅうでうるさく感じるくらいのサイズとデザイン、意志の強そうな印象です。

度付きになると、意外とキツい印象はなくなり、目元のくっきりした感じと、元気なカラーリングがいい感じ!

合わせる服やアクセサリーは少し選ぶかもしれませんが、目元のくっきり感は一番だと思います。

メイクの薄い日にも使いやすいです◎

 
 

(上段:度なし、下段:度付き)

 

手持ちの4本の眼鏡を比べると、自分では、目元のくっきり感に少し差を感じます。

しかし、他の方から見た時には、どの眼鏡も「近視の度数が強い」という感じはほとんどしないのではないかな?と思います。

 

というわけで、こんなふうに、それぞれの眼鏡の特徴を理解しながら、その日の装いや気分に合わせて、眼鏡の掛け替えを楽しんでいますよ。

(ちなみに、以前の記事でご紹介した眼鏡もまだまだ活躍しています!)

 
 
 

ちなみに、一番最初に例として使用した大きなフレームと、私の手持ちフレームとを比べると、レンズの厚みはこんなに違います!

どれも軽くてずれにくくて、使い勝手も良好です◎

 
 
 

いかがでしたか?

 
 

眼鏡選びに「ただ一つの正解」はありません。

 

というのも、

以前の記事にも書きましたが、度数が強い人の本質的な悩みは、レンズの厚みや重さ、目が小さく見えるとか、輪郭が映り込むとか、そういった1つ1つの要素によるものではないと私たちは考えているからです。

 

「度数が強くても、見た目が変じゃない、かわいい/かっこいい眼鏡がかけたい」

 

その切なる願いに応える眼鏡、眼鏡姿に自信が持てるような眼鏡を、これからもご提案していきたいと思っております。

 
 

眼鏡を作る際には、今回ご紹介したフレーム選びだけでなく、レンズの選び方や加工方法、フィッティングも、とても重要な要素です。それらによって、見栄えはもちろん、眼鏡を掛けるご本人の見え心地や快適さも大きく変わってきます。

 

また、強度近視と言っても、お顔立ちや度数、お悩みやご要望など、お一人お一人によって、似合う・気に入る眼鏡フレームは、本当に多様です。

 

私が掛けているフレーム以外にも、色んなデザインのフレームがありますよ。

 

ぜひ一度、ご相談いただけましたら幸いです!

 
 

 

※ただいま完全予約制営業のため、ご来店前にご予約をお願いいたします。

 

▼ご予約方法:お電話または問い合わせフォーム

▼ご予算:フレーム3〜6万円、レンズ3〜6万円ほど

▼その他お問い合わせの前に下記リンクもご参考くださいませ

強度近視で眼鏡をお探しの方へ

 

 

ARBORの一番の自慢は、丁寧な接客。カウンターに腰掛けていただき、ゆっくりカウンセリングをしながら、キャビネットにしまってあるたくさんの眼鏡の中から、お客様にぴったりの1本見つけていきます。

 

〒530-0041

大阪市北区天神橋3-10-4

☎︎06-7710-1850

木曜定休

10:00〜 18:00(最終受付17:00)


こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

今日のテーマは、

「スーツやオフィスカジュアルに合う」眼鏡。

 

正直に申し上げて、「仕事で差し障りのない眼鏡」、だったら、どこでも手に入ることと思います。

だからこそ、当店でおすすめしたいのは、そうではなく、「仕事する姿をより格好良く/美しく見せ、仕事する自分にちょっと自信が持てるような眼鏡」です。

 
 

例えば、こんなフレームはいかがでしょうか?

 
 

Anne et Valentin BOURDIEU H01 ¥53,900-

 

清潔感と誠実な印象を与える定番のカラーリング、ブラックxシルバー。

線もごく細く、一見シンプルですが、ふっと覗く、アールデコを思わせるディティールの美しさに引き込まれます。

“これ見よがし”にならないなら、デザインへのこだわりもビジネスシーンの邪魔になりません。

ごく優しい印象になりますので、接客業の方にもおすすめです。

 
 
 

propo MARTHA 8 ¥37,400-

 

少しだけ目尻を引き上げたキャットアイ。

優しい雰囲気もありながら、「凛とした強さ」も感じさせ、ビジネスシーンにぴったりのデザインです。

また、カジュアルになりがちなプラスティック素材のフレームは、形と線の美しさにこだわると見違えますよ。

丸や四角の眼鏡はもう持っているという方にもぜひおすすめしたい1本。

 
 

VioRou Christopher 2756P/AC ¥43,450-

 

眼鏡が大きすぎると、カジュアルな印象を与えてしまいがち。

お顔にぴったりの、「思っているよりやや小ぶりのサイズ」を選べば、しゃんとした印象になりますよ。

こちらはやや小ぶりなサイズ感で、お顔が小さめの方、小柄な方、やや度数強めの方におすすめ。

細いチタンを縒り合わせたようなテンプル(つる)がきらりと輝いてエレガント。

他にも一段控えめのカラーバリエーションがございますので、ちょっと堅いお仕事の方にもおすすめです。

 
 

megane and me NEEW DEBBIE PDB ¥30,800-

 

こちらもやや小ぶりなサイズ感で、お顔小さめの方におすすめ。

ぽってりとした形や、少しエッジの利いたデザインでも、お顔に合うサイズをきちんと選べば、お顔から浮かず、お仕事でも使いやすくなります。

肌馴染み良く、優しい印象のベージュをベースにしながら、目尻の切り替えがさりげなくアクセントとなっていて、お洒落心も満足させてくれる1本です。

 
 
 

いかがでしたでしょうか?

 
 

優しく誠実な印象、清潔感、少しきりりとした表情、話しかけやすそうな雰囲気、アーティスティックな華やかさなどなど・・・

お仕事で必要とされる要素は様々。

ご自身の働く姿をどのように演出したいか、想像していただくと、理想の眼鏡が見つけやすくなると思います。

 
 

ちなみに、どのデザインも、マスクと一緒に身につけても、顔まわりがうるさくならないというのもポイントです。

マスクをつけるとお顔立ちや表情がわかりにくい分、目元でさりげなく表情や自分らしさを表現できると、お仕事面でもプラスになることが多いかと思います。

 
 
 

最後に。

 

「平日はとにかく仕事。週末だけは好きなことをする。」という考えの方もおいででしょう。

仕事とプライベートを切り替えるために、眼鏡を掛け替えて、うまく使い分けをされているお客様もたくさんいらっしゃいます。

 

しかし、週のうちの5/7、人生の半分以上を、「仮の姿」にしてしまってはもったいない!と私たちは考えます。

 

シンプルであっても、少し「自分らしさ」を表現できる、お気に入りの眼鏡で仕事ができたら、

もしかしたら、ウィークデイがもっと楽しく、充実したものになり、

仕事をする自分にちょっと自信が持てたりするのではないかと思います。

 
 

こちらに掲載したフレームはごく一部です。

店頭にて、あなたにぴったりの、あなただけの1本を見つけてくださいね。

ぜひ、ご相談くださいませ。

 
 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

※ただいま(2020年10月現在)、ご予約制にて営業しております。 ご相談のみの場合でも、ご来店前にご予約をお願いいたします。 詳細は、CONTACT/BOOKINGよりご確認くださいませ。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

かなり久しぶりのJOURNAL更新となりましたが・・・

今日のテーマは、

「とにかく楽な掛け心地」の眼鏡。

 
 

眼鏡の煩しさ、重さ、痛さ、ずれるといったストレスは、眼鏡を掛ける人にとって永遠の課題ですよね。

 

マスクをつける時間が長くなり、耳周りがうっとうしい。

テレワーク等で眼鏡をかける時間が長くなり、しんどくなってきた。

 

最近は特に、こんなお声を頂戴する機会が増えています。

 
 
 

皆さま、「楽」=「とにかく軽いもの」と思っておられる方も多いと思います。

 

しかし、フレームが軽いだけでは、度付きレンズの重量が加わった際に、眼鏡の前側だけが重くなってしまうため、

 

軽いはずなのに、前にずれる

鼻に重さがのしかかって痛くなる

前に引っ張られることで耳の後ろが痛くなる

 

ということになりがちです。

 

そう、軽いだけでは、楽な眼鏡にならないんです。

 
 
 

楽に眼鏡を掛けるには、次の3つのポイントが大事になってきます。

 
 
 

まずは1つ目。

掛け心地に重点を置いたフレームを選ぶこと。

実際に当店でおすすめさせていただく機会が多いアイテムをご紹介します。

 
 

spec espace

(spec espace ES-1891-05R ¥41,800-)

(spec espace ES-2072-09 ¥44,000-)

 

フレームが軽量であるというだけでなく、しなやかなβチタン材のテンプル(つる)がピタッとお顔を包み込む事で、「締め付け感がないのにずれにくい」快適な掛け心地を生み出しています。

 

耳の後ろを折り曲げないスタイルなので、マスクと干渉しにくいのも◎

蝶番(つるをたたむネジの部分)がない独特の構造で、衝撃が加わった際に変形しにくいです。

 

眼鏡を初めて掛ける方、スポーツをされる方、小さなお子様との接触が多い方からも、大変ご好評いただいています。

 
 

MYKITA

(MYKITA ARMSTRONG 468 ¥57,200-)

 

(MYKITA MINTTU 167 ¥59,400-)

 

レンズを挟み込む薄いステンレスシート、ネジのない独特の機構を採用したフレーム。

フレーム自体が非常に軽量かつしなやかであることに加え、耳周りや鼻周りをしっかりと調整することで、よりピタッと安定感のある掛け心地を生み出すことができます。

 

合理的かつファッション性の高いデザインは、ドイツ生まれのブランドならでは。

 

MYKITAにはノーズパッドやテンプルエンドにアセテート(プラスチック)のパーツを使用したコレクションもございますが、特に掛け心地を重視される方には、グリップ力のあるシリコンを使用したコレクションがおすすめです。

 
 

Zparts

(Zparts Z-91-TI ¥27,500-)

(Zparts Z-112-G ¥30,800-)

 

極力パーツを少なく、シンプルに仕立てたオールチタンのフレーム。

鼻パッドの当たる部分がどうしても気になってしまうという方は、こうした一山タイプの鼻当てのフレームをお選びいただくと、楽になる場合もあります。

 

強度が必要な箇所は分厚く、しなりを出したい部分は薄く仕立て、軽量かつ強靭に仕上がっています。眼鏡を構成する要素と素材の特性をよく知るメーカーだからこそ作れるアイテム。1日の中で眼鏡の出し入れ・折りたたみの回数が多い方にもおすすめです。

 
 

どのフレームも、軽いだけでなく、快適なフィット感を生み出すための独自の工夫が凝らされています。

 
 
 

続いて2つ目。

しっかりとフィッティングを行うこと。

 

お一人お一人のお顔の形は違います。

先ほど申し上げた通り、軽いだけではフィットしないフレームを、鼻、顔の側面、耳の上に、均等に力がかかるよう、重量を分散するようにフィッティングすることで、ずれも痛みもない最良の掛け心地を生み出すことができます。

 

また、フレーム全体が金属製の場合、

▶︎鼻パッドをシリコン製のものに交換する(600円〜)

▶︎つるの耳にあたる部分にシリコンチューブを取り付ける(2000円〜)

などの方法で、よりずれにくく、肌あたりを柔らかくすることもできます。

 
 

フィッティングは、眼鏡店員の腕の見せ所と言っていいでしょう。

 
 
 

最後に3つ目。

適切なメンテナンスを行うこと。

 

汗や皮脂、メイク、整髪料などが付着すると、しっかりフィッティングした眼鏡も、滑りやすくなってきます。

お客様ご自身で、1日の終わりなどにしっかりとクリーニングを行っていただくことで、快適な掛け心地が長続きします。

 

また、毎日ご愛用いただく中で、徐々に眼鏡が変形し、いつの間にか掛け心地が変化してしまうこともあります。

この場合は、眼鏡店での再調整が必要です。

 

あるいは、肌にあたる部分にシリコン素材が使われている場合、経年劣化により、本来のグリップ力が弱まってきます。

この場合は、眼鏡店にてパーツを新しいものに交換することで、本来の掛け心地が戻ります。

 
 
 

いかがでしたか?

 

掛け心地を楽にするには、眼鏡自体の軽さももちろん大事ですが、ずれも痛みもない状態=「快適なフィット感」が重要です。

眼鏡を購入する前のフレーム選びはもちろんのこと、ご購入時のフィッティング、そしてご購入後のメンテナンスも、重要なポイントになります。

ぜひARBOR店頭にて、ご相談くださいませ。

 
 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

※ただいま(2020年10月現在)、ご予約制にて営業しております。

ご相談のみの場合でも、ご来店前にご予約をお願いいたします。

詳細は、CONTACT/BOOKINGよりご確認くださいませ。

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 
 

最近お問い合わせを頂くことの多い、

強度近視(度が強い・近視が強い)人の眼鏡選び。

 

度が強いと、どうしても、目が小さく見えてしまいます。

でも、なるべく普段の・素顔の印象に近づけたい!

 

そのためのコツ、まずは以前の記事をご覧下さい↓

 

「強度近視(度が強い・近視が強い)人の眼鏡フレーム選び」

 
 

自身も強度近視である店長。

産休にあたり、今後眼鏡を使う機会が増えると思い、眼鏡を新調しました!

 

一例として、ぜひご参考頂ければと思います。

 
 
 

思っているよりちょっと派手なフレーム

思っているよりちょっと小さいサイズ

一番薄く歪みの少ないレンズ

そしてフィッティングを完璧に行うと、

見た目はこんな感じ!

 

意外と「度の強い眼鏡」には見えないですよね。

そして、実際には「目」自体は小さく見えているのですが、フレームでクッキリと縁取ることで、「目元」全体の印象が強くなっています。

輪郭の凹みも写り込んでいません。

 
 
 

ちなみに、

フレームがもう少し地味で、

サイズがもう少しだけ大きくて、

レンズがもう少し分厚くなると、

見た目はこんな感じ。

 

先ほどと比べると、目の小ささや輪郭の凹みが目立っています。

フレームが目立たないので、顔全体は少しぼんやり寂しい印象になります。

(ただ、フィット感も良く、楽な眼鏡なので、家用眼鏡としては大変重宝しています!)

 
 
 
 

実際には、至近距離・ドアップで他人の顔をじっと見る機会はあまりありませんよね。

この写真も、ちょっと離れて見て頂くと、より差がわかりやすいと思います。

 
 
 

ちなみに、レンズの厚みは、このくらいの差があります。

眼鏡全体の重量はさほど差を感じません。

ただ、斜めから見た時のウズ(白い線のようなもの)の出方には差が出ます。

周囲の方からは正面ではなく斜めや横顔が見られていることも多いです。

その時の印象に、大きな差が出ますよ。

 
 

いかがでしたか?

 
 

もちろん、お一人お一人、お顔の形や目の位置、度数、髪・肌・メイクの色合い、お好み、どんなイメージに見せたいかによって、おすすめのフレームは様々です。

 

ARBORでは、店長不在の間も、スタッフ一同、皆様に最適の眼鏡をご提案させて頂きます!

ぜひご相談くださいませ。

 
 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

 

その他、ご予算やご予約、当日の持ち物などにつきまして、ぜひ下記リンクもご覧くださいませ。

強度近視で眼鏡をお探しの方へ

 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 
 

今日のテーマは、

「グレイヘア」の眼鏡選び。

 

そう、グレイヘア世代にとって眼鏡は切っても切れない関係。

 

もともと近視・乱視の方はもちろんのこと、

もともと目の良かった方は、お手元を見るのに眼鏡が必要になってきます。

また、眼病の予防や、手術後の目元の保護のため、紫外線カットのダテ眼鏡やサングラスを掛ける、意識の高い方も増えています。

 

そして何より!

顔まわりがぼんやりと見えがちなグレイヘアには、眼鏡は心強い味方!

使わない手は、ないですよ!

 
 

ということで、今回は、

オーナー竹村の母にモデルになってもらいました!

カラー剤にかぶれやすく、昨年グレイヘアにすることを決意。

移行中の今は、髪がちょっと明るい茶色になってしまうのが悩み。

普段遠くを見るのに眼鏡は必要ないけれど、遠近両用と、老眼鏡をうまく使い分けています。

 

それでは早速、ご覧頂きましょう。

 
 

(megane and me GEO WP ¥37,800-)

 

正直に申し上げて、目立たないフチなし眼鏡や金属色のフレームは、老けて見えてしまうことが多いです。

シンプルなメタルフレームは、個性的な形で、ちょっとおしゃれで快活な印象に!

 
 

(BCPC BP-3226 04 ¥29,160-)

 

グレイヘアへの移行期、ちょっと茶色の残る髪色に、鮮やかすぎないトーンのブラウンはよく合いますよ。

一見シンプルですが、差し色のブルーがキュッと目尻を引き上げ、お顔を引き締めて見せてくれます。

 
 

(OPORP CAROL 22 ¥36,720-)

 

少し目尻の上がったバタフライシェイプ(キャットアイ、フォックスなどとも言います)は、気になる目元をカバーしつつ、小顔に見せてくれます。

表側はツヤ感のあるネイビー、内側はシャンパンゴールドの色味で、肌写りも明るく◎

フォーマルな装いにも合わせやすい上品な1本です。

 
 

(AKITTO cut PU ¥48,600-)

 

こちらもさりげないバタフライシェイプ。

目元を引き上げつつ、自然と笑顔に見せてくれる、優美な形と楽しい波型の模様!

グレイヘアなら、色柄の入ったフレームも、うるさくなく掛けこなせますよ。

 
 

(Anne et Valentin KROMA 1555 ¥45,360-)

 

華やかな色と形が、表情をイキイキと、お顔のパーツをクッキリと見せてくれます!

手元の書類やスマートフォンを見る時、目を伏せても、抜群に魅力的な目元に。

そして、快適な見え方のレンズを入れれば、険しい表情や眉間のシワとも無縁です◎

 
 

(Anne et Valentin FANCY 8A15 ¥44,280-)

 

「眼鏡を掛けること」を思い切り楽しむなら、こんな丸眼鏡も素敵!

可愛らしくも格好良い、とびきりモダンなブラック。

こんな濃い色が重たい印象に見えないのは、やはりグレイヘアならでは。

 
 

いかがでしたか?

 
 

眼鏡は、メイクやアクセサリーと同じように、自在に印象を演出することができます。

目立たないフレームよりも、ちょっと思い切ったデザイン、色、形のフレームにチャレンジして頂くと、発見がありますよ。

 
 

眼鏡姿の自分が好きになれない

眼鏡の視界に慣れられない

眼鏡がなくても困っていないから要らない!

 

そんな理由で、眼鏡を掛けない方もおられます。

 

しかし、

「見えないまま」でいると、

 

眉間のシワやまぶたのたるみがひどくなってしまったり。

以前は好きだった趣味がおっくうになってしまったり。

周りの方が楽しんでいる景色や映画が自分だけ見えなくてつまらなかったり。

目の病気に気づかないまま、発見と治療が遅れてしまったり。

 

様々な弊害が生じます。

 
 

人生100年という時代。

まだまだ長い人生を、より楽しく、美しく、そして自分らしく過ごすために。

眼鏡を上手に活用して頂けたらと思います。

 
 

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

ARBORは3月よりご予約優先制にて営業しております。

じっくりお話をお伺いしながらフレームのご提案や視力測定を致しますので、ご相談に1〜2時間ほどお時間がかかることが多いです。

そのため、他のお客様がおられますと、長時間お待たせしてしまう場合もございます。

ご購入されるかどうかに関わらず、ご来店前のご予約をおすすめしております。

ご予約優先制のご案内

– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 

今日のテーマは、

「とにかく小顔に見せたい」人の眼鏡選び。

 

気になる方も多いですよね。

「とにかく大きい眼鏡が欲しい」とおっしゃるお客様のお話をじっくり伺うと、

その奥に「とにかく小顔に見せたい」というお気持ちが隠れていることも多いです。

 

まずは、

以前の記事からの引用になりますが、

こちらの写真をご覧ください。

 
 

意外と、左の眼鏡の方が、お顔が小さく、全体がバランスよく、引き締まって見えませんか?

そう、ぴったりサイズの眼鏡の方が、小顔に見えます。

逆に、大きい眼鏡を掛けたからといって、必ずしも小顔には見えないんです。

 

詳しくは、こちらの記事もご覧ください↓

「サイズ感から選ぶ、眼鏡フレーム – 小顔に見える眼鏡のサイズは?」

 

では、どんなところに気をつけて眼鏡を選んだら良いでしょうか?

早速ご覧頂きましょう。

 
 

まずはおさらい。

とにかく大きいフレーム。

やはり、意外と小顔には見えません。

レンズが大きいせいで肌色の「余白」が目立って、のっぺりして見えるためです。

また、少し寄り目に見えてアンバランスに感じます。

 
 

続いて、ぴったりサイズのフレーム。

バランスが良く、似合っています。

ただ、丸みが強く細いフレームなので、素顔とさほど印象が変わりません。

つまり、小顔に見えるかというと、いまいちです。

 

(megane and me FELIX)

続いて、ちょっと大きくて丸いけれどサイドに一工夫したフレーム。

小顔に見えます!

丸みを帯びた形ですが、実は、レンズの両サイド・目尻側だけ少しカクカクさせているので、輪郭をちょっとシャープに見せてくれるんです。

 

(OPORP PAULA)

もう一つ、ちょっと大きくて丸いけれどサイドに一工夫したフレーム。

やはり小顔に見えます!

こちらも丸みを帯びた形ですが、両サイドのゴールドのパーツがポイントとなって、顔幅をカバーし、目元を引き締めて見せてくれます。

 

(MYKITA CYNTHIA)

目尻の引き上がった形のフレーム。

小顔に見えます!

フォックス、キャットアイとも呼ばれる形。

間違いなく、頬を引き上げてシャープに見せてくれます。

日本ではまだまだ抵抗のある人も多いのですが、ぜひチャレンジして頂きたいです。

 

(Anne et Valentin FANTASIA)

最後に、目尻の引き上がった形(フォックス、キャットアイ)にもう一工夫したフレーム。

小顔に見えます!

頬を引き上げつつ、サイドのパープルがポイントとなって顔幅をカバーしてくれます。

フチがくっきりしたフレームなので、自然と目力もアップします。

 
 

「小顔に見せたい」時、特に気になるのは、「顔の横幅」と「頬の面積やたるみ」だと思います。

 

それらをカバーしてくれるのは、

元々の顔の大きさにぴったりサイズの眼鏡

サイドに色や形のポイントがある眼鏡

少し目尻を引き上げてくれる形の眼鏡

です!

 

最後に。

前回の記事にも書きましたが、

 

例えば、お洋服を買ってコーディネートしたり、髪型を変えたり、お化粧をするのは、毎シーズン、毎月、毎日の事ですよね。

たまには失敗もあるかもしれませんが、長年の経験から、「自分の好きなスタイル」「自分に似合うスタイル」を既に見つけておられる方も少なくありません。

 

一方、眼鏡を買うのは、早い方でも1年に1回、長い方だと10年に1回(!)だったり。

皆さん、眼鏡選びの経験値が圧倒的に少ないんです。

だから、「自分の好きな眼鏡」「自分に似合う眼鏡」をわかっていない方がほとんどです。

 

せっかくかけるなら、より素敵にお顔を彩ってくれる眼鏡を。

ぜひ、私たちプロにご相談下さいませ。

 

ちなみに・・・

世界的に「小顔であること」を美しいとしているのは、日本人だけなんだそうです。

実際には、単純にお顔の大きさよりも、お顔のパーツのバランス、髪型、背の高さ、お洋服のご趣味、様々な要素が絡み合って、その人ならではの魅力を作り出していると私たちも考えています。

また、眼鏡選びの場合は、度付きレンズを入れた時の見た目や重さのバランスなども重要になってきます。

今回の内容は、あくまでひとつの目安として、ご参考頂ければと思います。

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 

今日のテーマは、

「目が離れている」のが気になる人の眼鏡選び。

 

自然にカバーしてくれたり、

むしろ魅力的に見せてくれるのは、

どんな眼鏡だと思いますか?

 

早速、ご覧頂きましょう。

 
 

今回は、当店のお客様にモデルとしてご協力頂いています!

まずは素顔の状態。

この方の場合は、

実は目と目の間の距離は長くないけど、

顔が小さい(顔の横幅が狭い)ので、相対的に目が離れて見えます。

 
 

そして、いまいちな例。

フレームのフチがある分、素顔より少し

眼鏡のブリッジ(左右のレンズをつなぐ部分)幅が狭いので、

黒目とレンズの内側部分の余白が強調されてしまい、

やっぱりちょっと目が離れているように見えてしまいます。

 

(Anne et Valentin FANZINE U225)

 

続いて、良い例。

ブリッジが程よく幅広なので、

黒目がレンズの真ん中くらいに位置して、良いバランスに!

目が離れているのが目立ちません。

 

(Anne et Valentin WINONA A144)

 

こちらも、良い例。

ブリッジがぐっと太めで、色も濃い目で、目立ちます。

ブリッジのデザインが派手だと、眉間の余白を埋めてくれて、目が離れているのが目立ちません。

 

(l.a.Eyeworks BODHI2 501)

 

細いフレームでも、いけますよ!

ブリッジが曲線になっていてさりげなく目立つデザインで、

目が離れているのが目立ちません。

 

(Anne et Valentin M.2 H33)

 

最後に、実際にお求め頂いたのが、こちらのフレーム!

ブリッジ幅が広めで、ちょっと特徴的なデザイン。

とってもお似合いです!

(※お渡し時の状態ですので近視のレンズが入っています。)

 

いかがでしたか?

 

目が離れているのが目立って気になる人は、

ブリッジの幅が広め

ブリッジのデザインが強め

のフレームなら、

さりげなく、目が離れているのをカバーすることができます!

 
 

離れ目の方は、なんとなくで、離れ目が強調されてしまうようなデザインの眼鏡を手に取ってしまっていて、

「私は眼鏡が似合わない・・・」

と思い込んでおられることも少なくありません。

 

例えば、お洋服を買ってコーディネートしたり、髪型を変えたり、お化粧をするのは、毎シーズン、毎月、毎日の事ですよね。

たまには失敗もあるかもしれませんが、長年の経験から、「自分の好きなスタイル」「自分に似合うスタイル」を既に見つけておられる方も少なくありません。

 

一方、眼鏡を買うのは、早い方でも1年に1回、長い方だと10年に1回(!)だったり。

皆さん、眼鏡選びの経験値が圧倒的に少ないんです。

だから、「自分の好きな眼鏡」「自分に似合う眼鏡」をわかっていない方がほとんどです。

 

せっかくかけるなら、より素敵にお顔を彩ってくれる眼鏡を。

ぜひ、私たちプロにご相談下さいませ。

 

もちろん!

目が離れているのも本当は素敵なチャームポイント。

ミッフィーやハローキティなど、離れ目気味でかわいいキャラクターや有名人は、たくさんいます!

今回の内容は、あくまでひとつの目安として、ご参考頂ければと思います。

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。 暑すぎるくらいの良いお天気ですね!

まずはお知らせ。 GW中5月3日(木・祝)は営業致します。 ぜひお出かけくださいませ。

さて、ここのところ眼鏡選びのコツをぽつぽつ更新しておりますが、 今回はずばり、お顔の小さい方におすすめの眼鏡をご紹介させていただきます。

一般的には「小顔でうらやましい!」と思われがちですが、実は、

 

眼鏡店で子供用のフレームを勧められてしまった… レンズを入れたら眼鏡全体が重たくなってしまった… 「眼鏡が歩いてきたみたい(眼鏡が目立ちすぎる)」と言われてしまう…

 

といった悩みをお持ちの方が多いんです。

では、どんなフレームを選んだら良いか、実際に見ていきましょう。

今回はお客様にモデルになっていただきました!

 

まずは、大きめの四角い眼鏡、いわゆるウェリントン型のべっ甲柄フレーム。 一度は憧れますよね。

 
 

(左) H-FUSION HFL-811 065 ¥24,840- (右) BOSTON CLUB ANDY 02 ¥25,920-

写真右側の大きな眼鏡は、黒目の位置がレンズの真ん中よりかなり内側にありますね。 こんな風に、大きすぎる眼鏡を掛けていらっしゃる方、すごーく多いのですが、ちょっともったいないんです。

そう、大きすぎる眼鏡は、ちょっとファニーな雰囲気になってしまいます。 子供っぽく見えたり、キャラクターっぽい印象を受けます。 また、黒目から外側の肌色の空間がのっぺりと広がっているので、せっかくの小さなお顔がかえって大きく見えてしまうこともあります。

一方、写真左側は、もう一回り小さいサイズのフレーム。 黒目の位置がレンズの真ん中か、やや内側くらいに位置しています。 ちょうど良いサイズの眼鏡は、とても自然な印象に見えませんか?

 

続いて、トレンドの丸眼鏡はどうでしょうか?

 

(左) MASAHIROMARUYAMA MM-0013 2 ¥48,600- (右) MASAHIROMARUYAMA MM-0010 2 ¥48,600-

こちらもやはり、右側の眼鏡は「やりすぎ」な感じがします。 左側の眼鏡は、大きいけれどきちんと「似合っている」感じがしませんか?

 

そうなんです。

 

思っているより一回り小さいフレーム。

 

とにかく、お顔が普通サイズ〜小さめの方にお伝えしたいのは、この一言に尽きます!

大事なことなのでもう一度言います。

 

思っているより一回り小さいフレームを、掛けてみて下さい!

 
 

たまには大きめの眼鏡を掛けてみたい ごつい眼鏡を掛けてみたい

 

という場合も、 「大きめ、ゴツめで、でも自分で思っているよりはちょっと小さめ」

を手にとって頂くと、わざとらしくなく、安っぽくなく、素敵に掛けて頂けることが多いです。

続いて、もうちょっと細かいところも見ていきましょう。

 

(左) AKITTO ema-2 DB ¥48,060- (右) Anne et Valentin FEIST U222 ¥43,200-

サイドにポイントのあるフレーム

 

お顔は小さくて黒目と黒目の距離も狭めのタイプの方(例えば前田敦子さんのような方)は、サイドにポイントのあるデザインを選んで頂くと、お顔全体のバランスが良くなります。 お顔は大きめだけれど目の位置は内寄り、という方にもおすすめできるデザインです。 同じサイズや形の眼鏡でも、小さなリベット(鋲)一つで変わります。

ぜひ印象の違いを確かめて頂けたらと思います。

 

(左) Zparts Z-91 G ¥27,000- (右) Anne et Valentin ANNETTE 1516 ¥29,160-

ブリッジの横幅が広く目立つデザインのフレーム

逆に、お顔は小さいけれど少し黒目と黒目の距離が離れているタイプの方(例えば宮崎あおいさんのような方)は、ブリッジ(レンズとレンズをつないでいる、鼻の上の真ん中の部分)の幅が広く、ブリッジのデザインが特徴的なものを選んで頂くと、お顔全体がまとまって見えます。 インポートフレーム等にこういったデザインが多くありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

いかがでしょうか?

 

(Anne et Valentin TWEET H23 ¥50,760-)

 

「大は小を兼ねる」とよく言われます。 レンズが大きければ大きいほど視界は広くなります。

 

しかし、レンズが大きすぎると、レンズの重さが増え、フレーム全体の重量バランスが狂ってしまい、掛け心地や見え方に影響することもございます。 見た目の印象もちょっとマイナスになってしまいます。

 

実際の使い勝手を考えると、お洋服や靴と同じように、必ずしも大きければ良いというものではないんです。

 

意外と見過ごされがちな「お顔の小さい方の眼鏡」。

なんとなく大きすぎる眼鏡を選び続けていて「自分は眼鏡が似合わない」と思い込んでおられることも少なくありません。

 

ちゃんと素敵に、おしゃれに、似合って見える眼鏡、ARBORにはご用意しております!

ぜひ、ご相談くださいませ!

こんばんは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

さて、ここのところ眼鏡選びのコツをちょこちょこと更新しておりますが、今回のテーマは、眼鏡屋にとって永遠の課題とも言える内容です。

 

強度近視(度が強い・近視が強い)人の眼鏡選び。

 
 

どーん!

すごいでしょう?

ご覧のように、強度近視のレンズは分厚いです。

最も薄くなる高屈折率のレンズを使っても、ある程度の厚さは避けられません。

真ん中の部分は薄いので、フレームのレンズサイズが小さければ小さいほど、分厚い端の方を使わなくて済み、薄く軽く仕上げることはできます。

 

しかし、レンズがどんなに薄くて楽でも、

気に入ったフレームを選んだはずなのに、仕上がりにガッカリする…

目が小さく見えてしまうために、素顔の印象からかけ離れてしまう…

そこにショックを受ける方が非常に多いです。

 

では、

普段の雰囲気になるべく近い眼鏡

ひょっとしたら素顔よりも素敵に見える眼鏡

を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

自身も強度近視である店長が、色々なフレームに実際にレンズを入れて、掛け比べをしてみました!

 
 

今回掛けるフレームは上の4本。

使用するレンズ度数はS-9.25D。

私店長が普段使っているのとほぼ同じ度数です。

 
 

Case 1

大きくてフチが目立たないフレーム

(MASAHIRO MARUYAMA MM-0012 Gold/Silver)

 
 

(左:試着時)

アシンメトリーで個性的だけど、フレームが主張しすぎずいい感じ。

ややゆったりめのサイズで良いバランス。 (右:仕上がり時)

顔全体がぼんやりとし、ちょっと寂しい印象。

小さくなってしまった目が、顔の中で点のように見えて、より小さく感じられます。

正面から見える輪郭の凹みや、側方から見えるレンズの厚みや渦も目立ちます。

レンズの存在感が強すぎて、「度の強い人」という印象になり、フレームの特徴や美しさには目が行きにくいです。

 
 

Case 2

大きくてフチが目立つフレーム

(MASAHIRO MARUYAMA MM-0026 purple)

 
 

(左:試着時)

目元の印象がくっきりとして良い感じ。

フレームが大きいから小顔に見えそう!

 

(右:仕上がり時)

フレームの中で「目が点」になってしまうため、ちょっと寄り目に見え、思ったほど小顔効果はありません。

フレーム+レンズの体積と重量が大きいので、鼻に跡がつきやすい、痛くなりやすいなど、少々使いにくい点も生じてきます。

ただし、遠くから見たらさほど目の小ささは気にならなりません。

また、レンズ、フレームともに存在感と重量感があるため、良い意味で人の記憶には残りやすいですね。

 
 
 

しかし、大きなレンズの場合どちらも気になるのが、輪郭の凹みと、側方の渦。

これらのせいでいわゆるビン底眼鏡という印象になってしまうんです。

 

そして今回実感したのですが、大きなレンズは周辺部に歪みが出やすいため、かなりクラクラしました。もっと性能の高いレンズであればこんなことはなかったかもしれませんし、一度慣れてしまえば気にならないと思うのですが、ちょっと時間はかかりそうです。

 
 

Case 3

小さくてフチが目立たないフレーム

(Zparts Z-91-G)

 
 

(左:試着時)

シンプルで上品な印象。

軽いのは良いけれど、視界が狭いし、顔が大きく見えそう。

(右:仕上がり時)

レンズが小さいおかげで、とにかく薄くて軽くて楽です!

輪郭の凹みも写り込みません。

また、度が強いとレンズ周辺部の視界に歪みを感じてクラクラすることがありますが、レンズが小さいとそもそも「周辺部」が存在しないので、違和感が少なくて自然な見え方でした。

とにかく使い勝手の良い眼鏡に仕上がっています。 ただ、目が小さく見える分、ちょっと顔全体がぼんやり、地味な印象です。

 

左がCase 1、右がCase 3。レンズの大きさの違いによる厚みの違いは、一目瞭然です!

Case 4

小さくてフチが目立つフレーム

(Anne et Valentin STRATIVARIOUS 1760)

 

(左:試着時)

フレームはかわいいけれど、ちょっと派手でうるさい印象。

眼鏡が小さくてなんだかちょっと窮屈。

(右:仕上がり時)

レンズが入ると、目が小さく見えるので、ちょうど良いバランス感に!

フレームで囲まれた部分全体が「目元」としてまとまって見えるので、今回のフレームの中で一番目元がくっきりして見えます。

目が小さく見えても、色味を足してあげることで、顔全体の印象が寂しくなりません。

きっと色々な人に「眼鏡の似合う人」とお顔を覚えてもらえるのではないでしょうか。

 
 

いかがでしたか?

もちろん、どのフレームも、使ったレンズの度数、設計、加工方法は全く同じです。

 
 
 

やはり、度の入っていない試着時と、度の入った仕上がり時とで、印象が変わることは避けられません。

 

でも、Case 4の眼鏡は、度なし/度ありの印象の落差が一番少ないと思いませんか?

 

自分で思うよりちょっと小さめで、ちょっと派手なデザインの眼鏡は、ガッカリ度合いが少なくなります!

 
 

もちろん、何が正しくて何が間違っているということではありません。

今回掛けたフレームは、どれも素晴らしいデザインです。

同じフレームでも、お顔の大きさ、黒目の位置、レンズの設計などによって仕上がりは千差万別です。それぞれのお好みや個性も考えると、お一人お一人に最適なフレームやレンズは違ってきます。

 

また、フレームの形やデザイン、お顔の中での眼鏡のバランス感には、流行りすたりがあります。

時にはいつもと違うデザインにチャレンジしてみたい!ということもあるでしょう。

デザインはどうであれ、どうしても広い視界が必要なご職業もあります。

 

人それぞれ、眼鏡選びにおいて譲れないことはあると思います。

 

ただ、

私自身常々感じていることなのですが、度が強い(近視が強い)人の根本的な悩み、それは、レンズが厚いことでも眼鏡が重いことでもないのです。

 

度の強い眼鏡を掛けると目が小さく見える

ブサイクに/かっこ悪く見える

だから、眼鏡を掛けたくない!

 

ここに尽きます。

現代の技術では目が小さく見えること自体は解決できませんが、

それでもかわいく/かっこ良く見える眼鏡は、あります!

第一印象を、「目の悪い人」ではなく、「素敵な眼鏡を掛けた人」「眼鏡の似合う人」に変えてみませんか?

 
 

目は一生物。

度が強い・近視が強い方こそ、眼鏡なしで一生を過ごすことはできません。

 

ちゃんと眼鏡姿が素敵に見える、お気に入りの眼鏡を見つけて、今までよりも少し自信が持てたら。

 

長時間のお仕事でコンタクトの装用がしんどい時、トラブルで突然コンタクトを使えなくなった時、年齢を重ねいよいよコンタクトをやめなければならない時も、きっと、余裕で乗り切ることができますよ!

 

ぜひ一緒に、お気に入りの眼鏡を探してみましょう!

 

最後にコツをもう一つ。

強度近視の女性は、眼鏡をかける時は普段よりアイメイクを3割増にしてみてください!

目もメイクも小さく見えてしまうので、ちょっと盛り過ぎくらいで大丈夫です。

ぜひ試してみてくださいね。

 
 

——————————-

 

その他、ご予算やご予約、当日の持ち物などにつきまして、ぜひ下記リンクもご覧くださいませ。

強度近視で眼鏡をお探しの方へ

 

——————————-

 

纒オプティカルのInstagram投稿もぜひご覧ください→ 強度近視ショー

 

——————————-

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

冬本番、寒い日がもう少し続きそうですね。

先日、眼鏡のサイズについてあれこれ掛け比べをしてみました。

「サイズ感から選ぶ、眼鏡フレーム」

 

そう、似合う眼鏡選びのコツは、サイズ選び。

 

今日のテーマは、

もうちょっと踏み込んで、

 

「大きければいいというわけじゃない」。

 

ということで掛け比べをしてみたいと思います!

 

今回モデルになっていただいたのは、ARBORのお隣の美容室、Rise-ingのスタッフ・金子さんです!

もともと、瞳が大きくてキュートな印象の金子さん。

 

今回掛け比べていただくのは、こちらです。

 

 
 

デザインはかなり似ているけれど、大きさがかなり異なる2本。

 

「大きい眼鏡をした方が小顔に見えそう」・・・そう、思いますよね?

では、実際には、どちらの方が小顔に見えるでしょうか?

 

(左) MYKITA TOMKIN 930

顔幅と目の位置に対してベストな大きさ。

顔全体がまとまって見え、バランスが良いです。

フチに囲まれた部分全体が「目元」として認識されるので、より目がぱっちりとした印象に。

 

(右) MYKITA ANANA 930

これはこれでモードで良い雰囲気ですが、寄り目に見えます。

目の外側の肌色部分が目立つので、ちょっとのっぺりします。

レンズが大きいと、空白の中に点があるような感じになって、相対的に目が小さく見えてしまいます。

 

また、近視が強い人は、度付きレンズを入れるとどうしても目が小さく見えてしまいます。

レンズが大きいと、輪をかけて、目が点のように小さく見えてしまう恐れがあります。

 

では、他の形ではどうでしょう?

 

(左) AKITTO rey-p BR

(右) AKITTO ami-sun DM

左はレンズは小さめですが、サイドにピッと流れる飾りが顔幅をうまくカバーしてくれています。

右はやはりちょっと寄り目でのっぺりとした感じがしますね。

実はもともとサングラスなんです。暗い色のレンズだと目の位置がわからないので、すごくカッコいいですよ。

 

では、他の人ではどうでしょうか?

モデルは、纒オプティカルのスタッフ・マイコちゃん。

 
 

そう、皆様もうお気づきでしょうか?

 

大きい眼鏡のほうが顔の形をカバーできるかと思いきや、

小さい眼鏡のほうが、むしろ、顔全体がすっきり見えませんか?

 

もちろん!!!

必ずしもこれが全てではありません。

眼鏡は簡単にスタイルや表情を演出できるアイテム。

使い方は自由です。

大きな眼鏡を掛けることで、ファッション性を高めたり、個性を際立たせたり、ちょっとした違和感を楽しんだり、リラックス感を演出したり、、、そんな掛けこなしも私たちは大好きです。

 

でも、

街を歩いていると、

本当はきれいめに眼鏡を掛けたいんだろうな…

本当は小顔に見せたいんだろうな…

でも、眼鏡が大きすぎる…!

 

という方がものすごーく多いんです。

すごーく、もったいないです!

 

大事なのは、お顔の上でのバランス。

大きすぎない、ちょうどいいサイズの眼鏡は、眼鏡姿をより美しく・カッコよく見せてくれます。

 

お店にいらしたら、ぜひ、思っているのより一回り小さいサイズも掛けてみてください。

きっと発見がありますよ!

 
 

——————————-

Thanks:

Rise-ing金子さんのInstagram → @mm.kaneko

纒オプティカルのInstagram → @matoioptical

——————————-

SHOP DATA ARBOR optical shop

Access

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋3丁目10-4
ラ・フォルム与力レジデンス1階
TEL/FAX 06-7710-1850

クレジットカード
クレジット
カード
電子マネー
電子マネー
(Paypay)
ENGLISH
ENGLISH
通信販売 地方発送
通信販売
地方発送
12 2022
sun mon tue wed thu fri sat
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1 2023
sun mon tue wed thu fri sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

[ open ]
10:00 - 18:00
[ close ]
Thursdays

12月29日(木)〜1月1日(日)休業
1月10日(火)〜13日(金)休業

ただいま完全予約制にて営業しております。

Back to top