• ARBOR

強度近視の方のアイメイクのコツ

更新日:2021年3月31日

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。


眼鏡はお顔の真ん中に乗るものだから、その人の印象を大きく左右してしまいます。

同じように、印象を大きく左右するのがメイクアップ。


切っても切り離せない二つの要素ですが、

眼鏡店スタッフに聞いてもメイクのことはわからない…

化粧品店のスタッフに聞いたり雑誌でメイクの特集を見ても眼鏡のことはわからない…

ということが本当に多いと思います。


ということで、今日のテーマは、



「強度近視の方のアイメイクのコツ」



私・竹村も強度近視で、長らく自己流でメイクをしてきましたが、今回はヘアメイクのプロ・正治来充子(しょうじくみこ)さんに、私自身が抱える疑問や悩み、お客様からよくいただく疑問や悩みを、思い切ってぶつけてみました!


当店で特にお悩みを伺うことの多い強度近視の方へ向けて、眼鏡と特に関係の深い目元のメイクに的を絞って、じっくりお話をお伺いしてみましたよ。




【メイクの心得】

(竹村)

お客様からお話を伺うと、メイク自体が苦手という方もおられますが、それよりも、「そういえば今までコンタクトレンズをつけてからしかメイクをしたことがなかった」という方が多いように思います。

コンタクトレンズ装用時と裸眼とでは、ピントの合う距離が全く異なるので、一般的なメイク術を適応しにくかったり、普段使うメイク道具も勝手が違ってうまくいかないのかもしれません。


(正治)

そうですね。

ただ、どちらの場合も、まず最初にやるべきことは、自分の顔をよく観察すること。


鏡を見たり、スマホで写真や動画を撮って、

自分で見た時・他人から見られた時の印象

化粧あり・なしの印象

笑った時・怒った時の印象

などなど、じっくり観察して比較してみます。


そして次に、右半分と左半分の顔を比較して、

好きなのはどちらか?

好きなパーツはどちらか?

なぜ好き・嫌いなのか?

考えてみます。

例えば目元なら、二重がきれい、目が少し大きい、眉頭の毛の流れがいい感じ、など、何でも大丈夫です。


それができたら、嫌いな方のパーツを、どうしたら好きな方のパーツに近づけられるか?

一つずつ、具体的に考えて、試していきます。


(竹村)

私は、元々左目が二重で、右目が一重だったので、右だけ強めにビューラーしたり、濃色のアイシャドウを少し幅広めに入れたりしていました。


(正治)

そんな感じでいいですよ!

メイクで自分以外の人になろうとしても、上手くいきません。

自分が元から持っている良いところ・好きなところはそのまま生かして、足りないところだけをカバーする、という発想が大事なんです。

好きな方のパーツはそんなにいじらなくていい(嫌いな方だけ意識すれば良い)ので、左右のバランスを頻繁に確かめたりしなくても大丈夫になってくるんじゃないかな。

もちろん、最初から完璧にはできないかもしれませんが、練習すると少しずつコツが掴めてくると思います。


(竹村)

なるほど!

メイクする前に、自分の中で、理想の形・理想のメイクをしっかりイメージしておくのが大事、ということですね。

強度近視だと裸眼では顔全体を見ることができないので、メイク中に何回も眼鏡をかけたり外したりして左右のバランスや顔全体の印象を確かめるのは本当に大変なんですが、その回数を減らせたら、メイク自体がすごく楽になりますね。


これは、メイクをするあらゆる方にとって役立つ心得かもしれません。

続いて、実際にメイクのコツをお伺いしてみました。




【アイメイクのコツ】


▼メイクする方の目で鏡を見よう(目を開けたままメイクをしよう)


(正治)

強度近視の方は、実際どのくらいだったら見えるんでしょうか?


(竹村)

私の場合、鏡から5cmくらいまで近寄らないとはっきり見えないです。

ただ、目の周りをかなりアップで見ることができるので、メイクはしやすいんです。

ちなみに、手鏡を持って、メイクする方の目で鏡を見て、目を開けたままメイクしています。


逆に「どんなに近寄っても見えない」とおっしゃる方もおられるので、なぜだろう?とずっと考えていたのですが、

▼鏡の位置が低い(角度が垂直でない)と、覗き込むような姿勢になり、暗くて、よく見えない

▼メイクする方の目を閉じて、反対の目で鏡を見ると、寄り目が難しく、距離が遠くて、よく見えない

このどちらかのケースが多いのではないかと思います。


(正治)

そうなんですね!

私自身は老眼が始まって、近くのものが見辛くなってきているので、むしろ羨ましいです。笑

鏡に映っている方の目で、しっかり目頭から目尻まで見えれば、十分、メイクはできると思います。

そして鏡をなるべく真正面で見える位置に持ってくるのも、いいと思います。


今まで目を閉じてメイクをしてきた方にとっては、目を開けたままメイクするのは怖いと思いますし、鏡の位置や角度を変えるのも、最初は感覚が掴めなくてちょっと大変だと思います。

これはもう、頑張って練習するしかないですね。


(竹村)

私も今思えば、置き鏡より手鏡を持った方が楽と気付くまでには、すごく時間がかかりました。

そして、少し顎を出して伏し目がちになると、手でまぶたを持ち上げなくても(両手を使わなくても)目のキワまで見える、と気付くまでにも、時間がかかりました。

試しにちょっといつものやり方を変えてみる、というのも大事かもしれないですね。



▼道具の使い方を工夫しよう


(竹村)

鏡にかなり近づかないといけないので、普段使っているメイク道具が扱いにくいというお声も頂戴しました。


(正治)

例えばこんなものはどうですか?


▼極小のスクリュー歯間ブラシ

マスカラのブラシが扱いにくい、上まぶたや目の粘膜にマスカラが付くのが怖いという人におすすめです。マスカラを歯間ブラシに少しだけとって、手の甲で少し落として使います。まつ毛の根元にピンポイントでつけられますし、ブラシ部分を少し折って軸と角度を付ければ、目尻にもつけやすいですよ。

▼指

指先の感覚でアイシャドウの量や濃さを調節することもできます。汗や脂が多い方は、指先にフェイスパウダーを付けてからシャドウをとれば、付きすぎませんよ。


▼綿棒

形も様々あるので、使い分けると便利です。普通の綿棒は綿部分の長さをそのまま生かしてアイシャドウを乗せる、先の尖った綿棒で細いラインを引く、ベビー綿棒(細いタイプ)ははみ出た部分の修正、などなど。軸が紙製なら使いやすい長さに切ることもできます。

▼100円ショップなどで売っているチップ

サイズの小さなものや形のバリエーションがたくさんあるうえ、使いにくかったり汚れてしまったりしても気兼ねなく他のものを使えるのでいいですね。


(竹村)

歯間ブラシ!意外ですがマスカラのブラシと良く似てますね。

どれも手頃な価格なので、挑戦しやすそうです。




【アイブロウを上手に描くコツ】


▼眼鏡をかけてから描いてみよう

(竹村)

眼鏡フレームも眉も、お顔の中で大きく目立つ線。

この2つの線が喧嘩してしまうと、お顔全体がチグハグな印象になってしまいます。

なので、眼鏡をかけた上から眉を描く方がバランスが取りやすいと思っていたのですが、どうでしょうか?


(正治)