• ARBOR

ブランド紹介 / Anne et Valentin

最終更新: 2019年8月23日


​こんにちは。大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

湿度も気温もぐんぐん上がり、夏が近づいてきていますね。

雨や汗に晒され眼鏡にとっても過酷な季節。ARBORでは眼鏡のクリーニングは無料ですのでぜひお任せください。

さて。

当店取り扱いブランドのことをご紹介をしていきたいと思います。

今回は、


Anne et Valentin(アン・バレンタイン)



1980年、南仏トゥールーズに眼鏡店をオープンしたバレンタイン夫妻。

オプティシャンである夫アラン・バレンタインと、店のインテリアやウィンドウを担当する妻アン・バレンタインの二人が、自分たちの店にふさわしい眼鏡フレームを作りたい!と、二人の名前を冠したブランド「Anne et Valentin」を始めました。



今もトゥールーズにブティックとアトリエを構える彼女たちの眼鏡フレームは、パリのそれとはまた違う、どこか楽天的で大胆な色と線が特徴。


​​(以上2点公式サイトより写真をお借り致しました)

派手、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、このモダンなアイウェアは四季折々の色が溢れる日本・大阪の風景と人々にもきっと合うと私たちは信じています。


そして何より、


「顔をキャンバスに見立て、線を引く」

「眼鏡はただの装飾ではなく、その人自身を表現するもの」


という哲学の元にデザインされたフレームたちは、

置いてあるよりも、お顔に乗せた時にその力を存分に発揮するんです!



表と裏、2層の色使いがよりフレームラインを際立たせる、ALPHAシリーズ



ステンレスとアセテート、異素材の融合が美しいFORMA COLORシリーズ



暑い日差しも楽しくなるようなSUNSET CITYシリーズ


などなど・・・

様々な時代の建築やデザイン、映画など、芸術への敬意を感じると共に、オリジナリティ溢れるデザインがたくさん!


そして何を隠そう、店長である私もアン・バレンタインの眼鏡を愛用する一人です。

近視の度数が強い方の眼鏡はどうしても、目が小さくなってしまいますが、くっきりと目元を縁取るアン・バレンタインなら、眼鏡をしていてもお顔の印象が寂しくなりません。


眼鏡でお出かけすること、眼鏡で人に会うことが、嫌じゃなくなる。

眼鏡をかけるとウキウキする!


私にとってそんな感覚は本当に久しぶりのことでした。



そんな感動をぜひ皆様にも味わって頂けたらなと思っております。


表情をいきいきと見せ、その人本来の魅力を引き出すAnne et Valentinのフレームたち。

是非お試しくださいませ。


#フレームブランド紹介 #AnneetValentin #フレーム

125回の閲覧

大阪市北区天神橋3-10-4-1F

©ARBOR OPTICAL SHOP all rights reserved.

  • phone
  • mail
  • Instagram ARBOR
  • Facebook ARBOR
  • Twitter ARBOR