• ARBOR

眼鏡選びで実は大事な「フィッティング」

最終更新: 2019年8月23日


こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

暖かい日差し、いよいよ春を感じますね。


お気に入りの眼鏡を選んでも、何かかっこ悪い。何か使い勝手が悪い。

そういう場合の原因は、もしかしたら、フィッティングにあるかもしれません。


まずはこちらをご覧ください。



竹村オーナーお気に入りの、MYKITA ANANA Coconut Water/Shiny Graphite

髪型ともマッチしていて良い感じです!



しかし、ずれると、ちょっと間抜けな感じ…。



上がりすぎても、どこか奇妙で落ち着かない印象になってしまいます。


そう、フィッティングが合っていないだけで、イメージが台無しなんです!

他にも例えば、


眼鏡が斜めになる まつ毛が当たる

頬が当たる

度数は合っているのに視界に歪み・クラクラ感がある

痛い・跡がつく

目が小さく見えてしまう


等の問題は、フィッティングで解決できることがあります。



こんな風に、眼鏡を掛けると斜めになってしまう場合、左右のテンプル(つる)の高さを調整することができるフレームをおすすめしています。



あるいはこんな風に、近視の強い方は、レンズが目から離れるとより目が小さく見えてしまします。

レンズをなるべく目に近づけて、できるだけ目が小さく見えないようにしたいので、細かな調整のできるクリングス(金属の足つきのパッド)タイプや、元々あまりパッドの高さがないタイプのフレームをおすすめしています。


いかがですか?


お気に入りの眼鏡をかっこ良く掛けるには、フィッティングが大切です。

また、快適な掛け心地や見え心地にも、フィッティングは欠かせません。


左右の顔幅の違い

左右の耳の高さの違い

左右の耳までの距離の違い

前傾角・そり角

鼻の高さ・鼻の幅・レンズと目の距離

などなど・・・

人それぞれ顔と頭部の形は違っていますし、左右対称でないことの方が多いです。

私たちは、お顔に乗せる際の様々な要素を考慮して、おすすめする眼鏡フレームをチョイスし、フィッティングを行っています。


そして、販売させて頂いた後も、

例えば片手で眼鏡の掛け外しをする癖がある方は、広がったり傾いたりとフレームの歪みや傷みが出やすいです(片手での掛け外しは本当はNGです)。

眼鏡を丁寧にお使い頂いていても、素材の経年変化によりフレームが変形し、緩みや縮み、歪みが起こることもあります。


ご購入後も、お気軽にご相談いただけましたら幸いです!


#眼鏡選び #眼鏡選びのコツ #眼鏡が似合わない人の眼鏡選び #フィッティング

0回の閲覧

大阪市北区天神橋3-10-4-1F 06-7710-1850

©ARBOR OPTICAL SHOP all rights reserved.

onlineshop.png
  • Instagram ARBOR
  • Facebook ARBOR
  • Twitter ARBOR