• ARBOR

「目が離れている」のが気になる人の眼鏡選び

最終更新: 2019年8月23日

こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。


今日のテーマは、

「目が離れている」のが気になる人の眼鏡選び。


自然にカバーしてくれたり、

むしろ魅力的に見せてくれるのは、

どんな眼鏡だと思いますか?


早速、ご覧頂きましょう。



今回は、当店のお客様にモデルとしてご協力頂いています!

まずは素顔の状態。

この方の場合は、

実は目と目の間の距離は長くないけど、

顔が小さい(顔の横幅が狭い)ので、相対的に目が離れて見えます。



そして、いまいちな例。

フレームのフチがある分、素顔より少し

眼鏡のブリッジ(左右のレンズをつなぐ部分)幅が狭いので、

黒目とレンズの内側部分の余白が強調されてしまい、

やっぱりちょっと目が離れているように見えてしまいます。


(Anne et Valentin FANZINE U225)


続いて、良い例。

ブリッジが程よく幅広なので、

黒目がレンズの真ん中くらいに位置して、良いバランスに!

目が離れているのが目立ちません。


(Anne et Valentin WINONA A144)


こちらも、良い例。

ブリッジがぐっと太めで、色も濃い目で、目立ちます。

ブリッジのデザインが派手だと、眉間の余白を埋めてくれて、目が離れているのが目立ちません。


(l.a.Eyeworks BODHI2 501)


細いフレームでも、いけますよ!

ブリッジが曲線になっていてさりげなく目立つデザインで、

目が離れているのが目立ちません。


(Anne et Valentin M.2 H33)


最後に、実際にお求め頂いたのが、こちらのフレーム!

ブリッジ幅が広めで、ちょっと特徴的なデザイン。

とってもお似合いです!

(※お渡し時の状態ですので近視のレンズが入っています。)


いかがでしたか?


目が離れているのが目立って気になる人は、

ブリッジの幅が広め

ブリッジのデザインが強め

のフレームなら、

さりげなく、目が離れているのをカバーすることができます!



離れ目の方は、なんとなくで、離れ目が強調されてしまうようなデザインの眼鏡を手に取ってしまっていて、

「私は眼鏡が似合わない・・・」

と思い込んでおられることも少なくありません。


例えば、お洋服を買ってコーディネートしたり、髪型を変えたり、お化粧をするのは、毎シーズン、毎月、毎日の事ですよね。

たまには失敗もあるかもしれませんが、長年の経験から、「自分の好きなスタイル」「自分に似合うスタイル」を既に見つけておられる方も少なくありません。


一方、眼鏡を買うのは、早い方でも1年に1回、長い方だと10年に1回(!)だったり。

皆さん、眼鏡選びの経験値が圧倒的に少ないんです。

だから、「自分の好きな眼鏡」「自分に似合う眼鏡」をわかっていない方がほとんどです。


せっかくかけるなら、より素敵にお顔を彩ってくれる眼鏡を。

ぜひ、私たちプロにご相談下さいませ。


もちろん!

目が離れているのも本当は素敵なチャームポイント。

ミッフィーやハローキティなど、離れ目気味でかわいいキャラクターや有名人は、たくさんいます!

今回の内容は、あくまでひとつの目安として、ご参考頂ければと思います。


#離れ目 #目が離れている #眼鏡選び #眼鏡選びのコツ #眼鏡が似合わない人の眼鏡選び #掛けてみました


929回の閲覧

大阪市北区天神橋3-10-4-1F 06-7710-1850

©ARBOR OPTICAL SHOP all rights reserved.

onlineshop.png
  • Instagram ARBOR
  • Facebook ARBOR
  • Twitter ARBOR