こんにちは。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

冬本番、寒い日がもう少し続きそうですね。

先日、眼鏡のサイズについてあれこれ掛け比べをしてみました。

「サイズ感から選ぶ、眼鏡フレーム」

 

そう、似合う眼鏡選びのコツは、サイズ選び。

 

今日のテーマは、

もうちょっと踏み込んで、

 

「大きければいいというわけじゃない」。

 

ということで掛け比べをしてみたいと思います!

 

今回モデルになっていただいたのは、ARBORのお隣の美容室、Rise-ingのスタッフ・金子さんです!

もともと、瞳が大きくてキュートな印象の金子さん。

 

今回掛け比べていただくのは、こちらです。

 

 
 

デザインはかなり似ているけれど、大きさがかなり異なる2本。

 

「大きい眼鏡をした方が小顔に見えそう」・・・そう、思いますよね?

では、実際には、どちらの方が小顔に見えるでしょうか?

 

(左) MYKITA TOMKIN 930

顔幅と目の位置に対してベストな大きさ。

顔全体がまとまって見え、バランスが良いです。

フチに囲まれた部分全体が「目元」として認識されるので、より目がぱっちりとした印象に。

 

(右) MYKITA ANANA 930

これはこれでモードで良い雰囲気ですが、寄り目に見えます。

目の外側の肌色部分が目立つので、ちょっとのっぺりします。

レンズが大きいと、空白の中に点があるような感じになって、相対的に目が小さく見えてしまいます。

 

また、近視が強い人は、度付きレンズを入れるとどうしても目が小さく見えてしまいます。

レンズが大きいと、輪をかけて、目が点のように小さく見えてしまう恐れがあります。

 

では、他の形ではどうでしょう?

 

(左) AKITTO rey-p BR

(右) AKITTO ami-sun DM

左はレンズは小さめですが、サイドにピッと流れる飾りが顔幅をうまくカバーしてくれています。

右はやはりちょっと寄り目でのっぺりとした感じがしますね。

実はもともとサングラスなんです。暗い色のレンズだと目の位置がわからないので、すごくカッコいいですよ。

 

では、他の人ではどうでしょうか?

モデルは、纒オプティカルのスタッフ・マイコちゃん。

 
 

そう、皆様もうお気づきでしょうか?

 

大きい眼鏡のほうが顔の形をカバーできるかと思いきや、

小さい眼鏡のほうが、むしろ、顔全体がすっきり見えませんか?

 

もちろん!!!

必ずしもこれが全てではありません。

眼鏡は簡単にスタイルや表情を演出できるアイテム。

使い方は自由です。

大きな眼鏡を掛けることで、ファッション性を高めたり、個性を際立たせたり、ちょっとした違和感を楽しんだり、リラックス感を演出したり、、、そんな掛けこなしも私たちは大好きです。

 

でも、

街を歩いていると、

本当はきれいめに眼鏡を掛けたいんだろうな…

本当は小顔に見せたいんだろうな…

でも、眼鏡が大きすぎる…!

 

という方がものすごーく多いんです。

すごーく、もったいないです!

 

大事なのは、お顔の上でのバランス。

大きすぎない、ちょうどいいサイズの眼鏡は、眼鏡姿をより美しく・カッコよく見せてくれます。

 

お店にいらしたら、ぜひ、思っているのより一回り小さいサイズも掛けてみてください。

きっと発見がありますよ!

 
 

——————————-

Thanks:

Rise-ing金子さんのInstagram → @mm.kaneko

纒オプティカルのInstagram → @matoioptical

——————————-

明けましておめでとうございます。

大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

2018年は1月5日(金)より営業スタートしております。

本年もどうぞ宜しくお願い致します!

 

さて、今日のテーマは、眼鏡のサイズ。

 

というのも、

 

眼鏡は、デザインや形はもちろんですが、サイズによって、かなり「似合いっぷり」「素敵さ」が変わるんです。

 

例えば、

Anne et Valentin(アン・バレンタイン)

FORMA COLORシリーズ

 

こうして並んでいると、あんまり違いがわかりません。

 

が、掛けてみると、印象がかなり違うんです。

ということで、ほぼほぼ日本人の標準的な顔面サイズをもつ店長が、掛け比べてみたいと思います!

 

Anne et Valentin FEELING U78 ¥43,200

小さめのサイズで、度が強い人にもおすすめ。

レンズが小さいと厚みも重さも減らせます。

また、フチがくっきりと太いので、度数のせいで目が小さく見えてしまっても目元全体がぱっちり印象深くなります!

ただ、私が掛けると、黒目の位置はぴったりだけれど、顔全体で見るとちょっと狭苦しい印象。

もう少し小顔さんの方が、より綺麗に掛けられると思います。

 

Anne et Valentin FANZINE U78

こちらも小さめ。

先ほどと比べるとフチが細いので、もう少し優しく自然な印象になります。

形もベーシックなラウンドなので、お顔が小さめの男性にもよく似合いますよ!

私くらいの顔の大きさの方が掛けるとほんの少し窮屈に見えますね。

しかし例えば、近視の強い方は、試着の段階でちょっと小さめに感じても、実際に度を入れると目が小さく見えるので、結果的に、バランス良く仕上がることもあります。

このあたりのさじ加減は、ぜひご相談くださいませ。

 

Anne et Valentin FOSSETTE U78

きりりとするフォックスシェイプ。

前の2つと比べると少しだけ大きくなりますが、やはりやや小ぶり。

しかし、サイドの色/素材の切り替えと、横に流れるような形で、フレームの小ささを感じさせません。

お顔幅の小さい方から大きな方まで、良いバランスにまとまります。

実はこのフレーム、私物で1本持っています!

目元が寂しくならず、女性らしさもあって、とても重宝しています。

 

​Anne et Valentin FRAGOLA U250

今っぽい、縦に大きいシルエットの新作!

レンズの形は優しいラウンド型ですが、フチは斜め上にピンと張り出しているので、目元をリフトアップし、小顔効果も絶大です◎

顔の大きさが気になるけど度も強くて…という方にもぜひおすすめ。

私が掛けるとちょうど良いサイズですが、欲を言えば、もう少し顔全体の縦幅が狭い人の方が似合うかもしれません。

 

Anne et Valentin FLOYD U218

老若男女に人気の、ややゆったりとしたボストン型。

落ち着いた雰囲気で、意外とお似合いになる方の多いモデル。

サイズはさほど大きくはないのですが、やはりサイドの切り替えが効いていて、掛けた時の、優しい雰囲気と、目元を引き締める効果のバランスがとても良いです。

私が掛けるとちょうど良いサイズに見えますね。

もう少しお顔の小さな方は、サングラスに仕立てても素敵です。

 

いかがでしょうか?

もう一度言います。

眼鏡のデザインや形はもちろんですが、サイズによって、かなり「似合いっぷり」「素敵さ」が変わるんです。

眼鏡を探す時に重要なのは、形よりむしろサイズです!

 

自分は眼鏡が似合わない…

デザインは気に入ったのに、掛けたら何かが違う…

フレーム選びの時は良いと思ったのに、いざ出来上がってみたらガッカリする…

とおっしゃる方は、

そもそも、お顔立ちや度数に対して適切なサイズの眼鏡フレームを選べていないということが多いです。

 
 

今回掛け比べをしたFORMA COLORシリーズはもちろんのこと、他のシリーズや他のブランドのフレームも含めると、もっと大きなサイズ、もっと小さなサイズ、カラーや形、たくさんのデザインが揃っています。

きっと、お気に入りの1本が見つかりますよ!

ぜひ、私たちにお手伝いさせて頂けたらと思っております。

ちなみに……

掛け比べの写真を撮る時は、自撮りカメラだと、顔の周辺部が小さく写ってしまい、実際よりも顔幅が狭めに、フレームは実際より大きく見えてしまいます。

他の人に撮ってもらった方が、実際のイメージに近い写真が撮れますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

こんにちは。大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

 

2017年12月10日(日)、ARBORはオープン1周年を迎えました!

駆けつけてくださった皆様、あたたかいお言葉や贈り物をしてくださった皆様、本当にありがとうございます。2年目も、皆様に眼鏡選びを楽しんで頂ける店を目指して精進致しますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

そしてあっという間にクリスマス!いよいよ2017年もあと少しですね。

 

SUR pop up shopは12/27(水)まで

◆ARBORの年内営業は12/30(土)まで

◆眼鏡をお買い上げの方にプレゼントしているcocoroさんのクッキーは、残りわずかです。

 

寒い日が続きますが、ぜひお出かけくださいませ。

(どうぞ手ぶらでお気軽に!)

 

さて、

今日のJOURNALのテーマはズバリ、顔が大きい人におすすめの眼鏡。

(着用フレーム:MASAHIRO MARUYAMA MM-0010 2)

何を隠そう、竹村オーナー自身、実はかなり顔が大きいんです。

(このフレームも実はかなりの大きめサイズ。)

 

ということで早速、モデルになってもらいましょう!

 

(左:l.a.Eyeworks PORTER 935、右:DJUAL LC-06 60)

 

(左:MYKITA TOMKIN Black/black、右:MYKITA ANANA Black/Glossy Gold)

​レンズの横幅が大きいフレーム

上の4枚の中で、どれが「似合っている」と思いますか?

 

どちらも左側のフレームは、黒目の位置がレンズの真ん中より外側にあります。

ある意味個性的ですが、どことなく奇妙な印象を与えます。

また、フレームの外にはみ出た頬がちょっと目立ってしまっています。

 

一方、右側のフレームのように、黒目の位置がレンズの真ん中か、やや内側くらいに位置すると、とても自然な印象に見えます。

 

そう、眼鏡の形は色々ありますが、なにはともあれ、適切なサイズを見極めることから始めてみましょう!

 

(着用フレーム左:MYKITA JESPER Basalt/silver、右:DJUAL CZ-01 7)

レンズの形がわかりにくいフレーム

フチなしやナイロール(レンズの下側にフチがなく糸で吊ってあるタイプ)のフレーム、また透明感のある色のフレームは、レンズの大きさが見えにくいため、多少小さめのデザインでも馴染んで見えることが多いです。

特にここに紹介した2つのフレームは、横へすっと流れるようなデザインですので、よりスッキリ、シャキッとしたイメージになりますね。

この辺りまではご想像通りという方も多いでしょう。

でも実際には、

度数が強いからそんなに大きなレンズにしたくない…

フチなしだとレンズの厚みが目立つから好きじゃない…

いつもとは違う形の眼鏡にもチャレンジしてみたい…

なんて方もきっと大勢いらっしゃると思います。

どんどん行きますよ!

 

(着用フレーム左:AKITTO tip2 BK、右:MASAHIRO MARUYAMA MM-0011 3)

両サイドにポイントのあるフレーム

目元を強調し、横のポイントに視線が行くので、自然にお顔の幅をカバーしてくれます。

左右の黒目同士の距離が狭い(黒目の位置が顔の中心に寄っている)方、小顔に見せたいという方にもおすすめです。

必ずしも飾りがなくても、ぐっと横方向へ流れのあるデザインなどでも同じような効果が得られますよ。

 

(着用フレーム左:Anne et Valentin WALTER A142、右:MASAHIROMARUYAMA MM-0022 3)

ブリッジやヨロイの横幅が大きいフレーム

レンズが大きくなくても、ブリッジ(レンズとレンズを繋ぐ真ん中の部分)やヨロイ(レンズの横に飛び出している部分)の横幅が大きいものを選ぶと、フレーム全体の横幅が大きくなり、掛け心地や見た目のバランスがぐっと良くなります。

レンズが小さいとレンズの厚みも減らせるので、度数が強い方にもおすすめです。

また、ブリッジ幅が大きくて特徴のあるデザインのフレームは、黒目と黒目の距離が離れている方におすすめ。目が離れている感じが目立たなくなります。

 

(着用フレーム左:MYKITA JAIS Black/Shiny graphite、右:MYKITA OVE Shiny graphite)

レンズの形の重心がやや外側にあるフレーム

左のフレームのように、レンズの形の下側の尖ったところが内側に寄っていると、ちょっと頬が外側に余っているように見えてしまうことがあります。逆に、右のフレームのように、なんとなくレンズの重心が外側にあると、よりしっくりとお顔に馴染んでいるように見えませんか?

サイズや色形がほとんど同じでも、ちょっとしたバランスで印象が変わってきます。

 

いかがでしょうか?

 

左右の黒目と黒目の距離は狭いけれどお顔幅が広い / 黒目は離れ気味でお顔幅も広い

切れ長の目 / つぶらな瞳

眉がしっかり / 眉はうっすら

カチッとしたお仕事 / ラフなお仕事

 

などなど・・・

 

さらに髪型やお顔の形、背の高さに至るまで、皆様の個性や、眼鏡を使う状況は様々です。

お好きなお洋服のスタイル、なりたいイメージも、その人や、その時々によって変わる事でしょう。

 

そしてもちろん、眼鏡選びのコツも、必ずしもここに書いたものが全てではありません。

あくまで目安。決して、ルールではありません。

実際にお掛け頂き、楽しみながら、一番しっくりくるバランスを見つけて頂けたらと思います。

 

ARBORではまず、

横幅の調整が可能か?

テンプル(つる)が耳にきちんとかかっているか?

という大前提はちゃんとチェックしてからおすすめ致しますので、どうぞご安心くださいませ。

 

(着用フレーム:MASAHIRO MARUYAMA MM-0010 2)

 

ちなみに、竹村オーナーは、「黒目の位置が離れ気味で、顔幅も広い」タイプ。

眼鏡屋なのに似合うフレームが少ない・・・

という悩みを抱えて、この20年仕事をして参りました。

 

「横長でとにかく大きいフレーム」だけじゃなく、今流行のクラシックスタイルでも、ヨーロッパのフレームでも、似合うフレーム、ありますよ!

一緒にお探ししましょう!

 

ぜひ一度ご相談頂けたらと思っております。

こんにちは。大阪市天満/扇町/南森町の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

今日も良いお天気ですね!

5月に入って日差しも強くなり、サングラスのオーダーを頂くことが増えてまいりました。

 

ARBORでは、基本的な掛け心地の調整、度付きレンズやお好みのカラーレンズへの変更などもしっかり対応しております。 また、プラスティックフレームの鼻当て部分のカスタマイズ、通称「鼻盛り加工」もオススメです!

きっと聞きなれない単語だと思いますので、「鼻盛り」が一体どういったものなのかまずはご覧頂きましょう。

 

【before】

 

 

【after】

 

鼻パッドが大きなものに変わっているのがお判り頂けますでしょうか?

 

大きめのプラスティックフレームやインポートフレームによくある、

 

ずれる…

まつげや頬に当たってしまう…

痛い…

 

といった問題。

こうして鼻当て部分を適切なサイズのパッドに付け替えることで、かなり改善することができます!

 

その方法は、

 
 

まずは既存の鼻当て部分を適当な高さまで削り取ります。ひたすら地味な作業です。

 
 

接着面が平らになるよう、フレームの他の部分に傷を入れないよう、また左右均等の高さになるよう、気をつけながらヤスリをかけます。

 
 

目の細かい紙ヤスリを使って凹凸を少なくしたあとは、フレームの他の部分と同様の仕上がりになるよう、バフ等を使って磨きをかけます。

 

これが今回取り付けるパッドです。

事前のメモを元に、取り付け位置を確認します。

 
 

最後に、溶剤を使ってフレームに接着します。

完全に乾いて、パッドがきちんと固定されていることを確認し、完成です!

 
 

今回のフレームの場合、パッドはクリアなのでほとんど目立ちません。

 

お一人お一人のお顔立ちの違いはもちろんのこと、フレームも一つ一つ鼻幅やパッドの位置が違っています。

その時その時で、幅を詰めるだけ、高さをちょっとだけプラスする、幅も詰めて高さもプラスする、しっかり鼻の形に添わせる…等々、状況やご希望に合わせて、様々な形状、スタイルの鼻パッドの中から最適なものをご提案させて頂きます。

クリングス(金属のフレームによく付いている足つきのタイプ)もあるんですよ。

 
 
 
 

ARBOR店頭には予め鼻盛りを施したフレームもご用意しておりますので、仕上がりのイメージを実際にご覧頂けます。

 

インポートフレームの場合は特に、そのままでは日本人には掛けづらいことが多いです。

どんなに素敵なデザインでも、ずり落ちていると印象は悪化してしまいます。 サングラスや眼鏡をイメージ通りに美しく快適に掛けて頂くために。

そして、今までサングラスは掛けづらい・似合わない、と諦めていた方も。

ぜひ当店にご相談くださいませ。

 

——————————-

鼻盛り加工 ARBORでご購入のフレーム…無料

※現在、他店購入フレームの鼻盛り加工はお断りさせて頂いております。何卒宜しくお願い致します。

 

——————————-

こんにちは。大阪市天満/扇町/南森町にオープン予定の眼鏡店ARBOR(アーバー)です。

あっという間に、11月も半ばですね。

寒いですね。

 

内装工事も佳境に入り、「お店」の形が徐々に見えてきました。

また一方では、展示会等で仕入れたフレームが徐々に入荷してきております!

 

フレームの検品作業は、地味ではありますが、お客様より先にじっくりとフレームを見ることのできる結構楽しい時間でもあります。

福井県鯖江から、東京から、パリから、ベルリンから届いた個性豊かなフレームたち。

展示会でも十分見たはずなのですが、あら、ここの作りはこんな風になっていたのね、この色太陽の下で見るとすごく綺麗だな、こんな方に掛けてもらいたいな、こんな髪型や洋服と合わせたら素敵かも、、、そんな発見や妄想が止まりません。

 

(今まで風景や工事や食べ物の写真ばかりでしたが、こうして「眼鏡」の写真を貼るとようやく「眼鏡屋」っぽい感じが出てきますね。笑)

 

正式なオープン日が決まりましたら、改めてこちらのページでも告知させていただきます。

どうぞ楽しみにしていてください!

SHOP DATA ARBOR optical shop

Access

〒530-0041
大阪府大阪市北区天神橋3丁目10-4
ラ・フォルム与力レジデンス1階
TEL/FAX 06-7710-1850

クレジットカード
クレジット
カード
電子マネー
電子マネー
(Paypay)
ENGLISH
ENGLISH
通信販売 地方発送
通信販売
地方発送
12 2022
sun mon tue wed thu fri sat
27
28
29
30
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1 2023
sun mon tue wed thu fri sat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4

定休日

[ open ]
10:00 - 18:00
[ close ]
Thursdays

12月29日(木)〜1月1日(日)休業
1月10日(火)〜13日(金)休業

ただいま完全予約制にて営業しております。

Back to top